ヒコロヒーがモテる理由5選!色気もあって頭もよくてかわいすぎる!

ヒコロヒー

バラエティー番組にひっぱりだこの、松竹芸能所属のピン芸人、ヒコロヒーさん。

自身の冠番組である「キョコロヒー」などテレビラジオ合わせて合計8本のレギュラー番組を抱えるほどの超売れっ子です。

そんなヒコロヒーさんは当然ながら、かなりのモテ女としても知られています。

そこで今回はそんなヒコロヒーさんのモテる理由について深掘りして調べましたので、ご紹介していきます。

目次

ヒコロヒーがモテる理由5選!

ヒコロヒーさんは、以前出演したラジオ番組でこんなことをおっしゃています。

ヒコロヒー「まあ随分昔から、私はずっとモテてますからね」

引用元:文化放送

自分でしっかり言ってしまうくらいですから、そうとうのモテ女なんでしょうね。

SNSにもこんな声が上がっていますから、自他共に認めるモテ女であることは間違いなさそうです。

それでは、ヒコロヒーさんがモテる理由について、それぞれ見ていきましょう。

ヒコロヒーは色気がやばい!

ヒコロヒーさんがモテる理由の一つ目は、醸しだす独特の色気です。

綺麗な大人の女性というだけではなく、優しそうなんだけど、どこか影のある感じが独特の色気を醸し出してますよね。

こちらの月刊誌、東京カレンダーの公式インスタに登場した際にはこんな声がたくさん上がりました。

「なんか綺麗なお姉さんになっとるー」

「エロいな~」

「こんなにお綺麗でイメージがガラッと変わりました」

「めっちゃいい」

引用元:ORICON NEWS

確かに東カレに登場した際のヒコロヒーさんの色気ムンムンな感じは、男女問わず惹かれるものがありますよね。

ヒコロヒーは頭がいい!

Screenshot

次にヒコロヒーさんのモテる理由として、頭がいいという理由があります。

日刊ゲンダイの記事では、NHKが最もキャスティングしたい部類の芸能人とまで書かれています。

「なかでも獲得に熱心なのはNHKですよ。NHKスペシャルや来年以降の大河ドラマ、朝の連続テレビ小説からもオファーがいっているようです。確かに学があって文化人の薫りがするヒコロヒーはNHKが最もキャスティングしたい部類の芸能人です。芸人としての話術も巧みですが、演技もうまい。そして教養もある。中退ですが近畿大学文芸学部出身で博学なんです。しかも英語と韓国語はペラペラです

引用元:日刊ゲンダイ

この記事にありますが、ヒコロヒーさんは近畿大学出身です。

近畿大学文芸学部の偏差値は47.5~57.5と決して高いものではありませんが、英語と韓国語がペラペラというのは驚きですよね。

こちらの動画ではラスベガスで現地の方と通訳なしでコミュニケーションをとっています。

韓国語を話している動画はありませんでしたが、ヒコロヒーさんの語学力は間違いないようですね。

さらにヒコロヒーさんは自身の公式インスタグラムで英語や韓国語で投稿しています。

テレビで見せる芸人の顔と、こんな博学な部分とのギャップにやられちゃいますよね。

ヒコロヒーはかわいい!

大人の色気や知性溢れる一面の他にも、ヒコロヒーさんについては「かわいい」という声も多く上がっています。

ヒコロヒーは私服もオシャレ!

ヒコロヒーさんがモテる理由の一つにそのファッションセンスの良さもあります。

ヒコロヒーさんと言えば、上下セットアップのイメージが強いですが、私服はラフな感じのものが多く、こちらも素敵です。

ヒコロヒーはイケボ!

ヒコロヒーさんモテる理由の最後は、その独特のハスキーボイスにあります。

ヒコロヒーさんの声に惹かれる方の声も多く上がっています。

ヒコロヒーさんは自身の声について、「ドーナツトーク」というテレビ番組でこんなことをおっしゃっていました。

こちらの番組では声優の津田健次郎さんが自身の声「倍音」という声の持ち主であることを告白しました。

「倍音」とは、音のレンジが広い(幅)ことで、普通は一定の音しか出ないが、振り幅が広いので「包まれたような心地の良い声になる」

引用元:サンスポ

津田さんの告白に対して、ヒコロヒーさんはこんなことを言っていました。

「実は私も『倍音』ばっかりの声らしくて」

「逆に言うと、悪口とか、人が傷つくことか言っても、届かへんから全然大丈夫らしい」

引用元:サンスポ

イケボで有名な津田さんと同じ声質の持ち主ですから、ヒコロヒーさんの声に惹かれる方が多いのも頷けますね。

ヒコロヒーがモテる理由5選!色気もあって頭もよくてかわいすぎる!

いかがでしたでしょうか。

今回はヒコロヒーさんがモテる理由についてご紹介してきました。

たくさんの魅力に溢れたヒコロヒーさんですから、モテるのも頷けましたよね。

今後ますます売れっ子としての階段を駆け上がっていくことが期待される、ヒコロヒーさんから目が離せませんね。

最後までご覧いただきありがとうございました。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次